•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    大学卒業後、アキラはすぐに家族を離れ、学校の寮に住むことになった。この間、父親も別の女性と再婚した。彼はこの継母をまったく憎んでいなかったし、いつも気にかけて心配してくれて、一人暮らしの孤独感を忘れさせてくれたことにとても感謝していた。ついに卒業式の日が来たが、アキラの父親は仕事の都合で来られなかった。人生の大切な日を一人で過ごさなければならないと思っていたところ、突然遠くで継母が手を振り、嬉しそうに微笑んでいた。二人でお祝いに行ったのですが、継母がお酒を大量に飲んだため、アキラは継母をホテルに連れて帰ることにしました。彼が帰ろうとしたその時、母親は彼を引き留め、情熱的なキスをして自分の気持ちを告白しました。そしてその瞬間から二人の間違った恋愛が始まった。